ABOUT

《ROOTBOUND とは》 「ROOTBOUND(根が絡む、の意)」は、植物への愛情が深すぎるプランツギーク(植物オタク)たちの創造性、 その根幹を張り巡らせ、互いに作用することを目的とするプロジェクトです。メンバーは、農業生産法人をバッググランドに持つ「ARAHEAM」、原種のランを専門に扱う「PLACERWORKSHOP」、吹きガラス工房で庭づくりも得意とする 「STUDIO PREPA」の三組。2015年から「ROOTBOUND」名義で活動しています。これまで私たちは旅をしながら世界中の植物と触れ合い、植物が求める日照量や湿度を考え、そのあるべき姿を常に考えてきました。現在はその経験を生かして、植物周辺のツールの企画制作、インテリアショップやギャラリーでの作品展示、海外製植木鉢の輸入等に関わりながら、植物と暮らし、その組み合わせの妙を日々提案しています。 前原良一郎(ROOTBOUND 代表 / ARAHEAM ディレクター) --- 《ROOTBOUND メンバー》 ARAHEAM(アラヘアム) 植物の輸入、自社生産卸をメインにした農業生産法人を母体に、実店舗を鹿児島県鹿屋市にて運営。近年は商業空間や個人邸 の植栽、植物を使用した空間コーディネートも精力的に展開している。2020年には東京・千駄ヶ谷に「ARAHEAMY」をオープン。http://araheam.com/ PLACERWORKSHOP(プラセール) 原生種は約25,000、交配品種は10万以上にも及ぶ「洋ラン」。この多様性と生態の魅力を独自の感覚で発信するべく、2002年 よりスタートしたプランツスタジオ。代表の内田洋一朗はアーティストとしても活動。心象風景を言葉で表現した“ラクガキ”と 呼ばれる作品で知られ、これまでに「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist」「the POOL aoyama」「THE CONVENI」 「KIYONAGA&CO.」などにアートワークを提供している。http://placer-workshop.stores.jp/ STUDIO PREPA(スタジオプレパ) 平勝久・瑞穂が営む吹きガラス工房。1999年より活動開始。確かな技術と細やかな感覚で、デザインから製作まで、すべての 行程を自らの手で行っている。素材の特性を活かした機能的な器は国内外で高く評価され、これまでに10か国以上で展開。 2019年から「Katsuhisa Hira + Mizuho Hira」名義にて、オブジェや彫刻作品も発表している。また植物に関する造詣も深く、 工房に隣接する500坪の土地を使って実験的な庭づくりを行っている(どんぐりから育てた樹々は10メートルの高さに、実生のトウヒ類も10種以上を地植え)。http://prepa.jp/ --- 《エキシビション履歴》 「ROOTBOUND 1 」 会期:2019年3月1日~3月17日 会場:PLACERWORKSHOP (福岡県福岡市) 「ROOTBOUND 2」 会期:2019年4月27日~5月5日 会場:ARAHEAM (鹿児島県鹿屋市) 「ROOTBOUND 3」 会期:2019年5月25日~6月2日 会場:ViVO,VA (兵庫県神戸市) 「ROOTBOUND 4」 会期:2019年6月29日~7月7日 会場:soup. Life Store (愛知県安城市) 「ROOTBOUND 5」 会期:2019年7月26日~8月4日 会場:TEMBEA Kyoto (京都府京都市) 「ROOTBOUND 6」 会期:2019年9月6日~9月17日 会場:Playmountain (東京都渋谷区) 「ROOTBOUND 7」 会期:2020年5月28日~6月11日 ※オンライン開催 「ROOTBOUND 8」 会期:2020年2月1日~3月7日 ※オンライン開催